講義中の「パソコン」が学習効率を下げるワケ

kevin-bhagat-425897.jpg

極端すぎる対応だと思う人もいるかもしれない。紙とペンよりノートパソコンを使ったほうが、講義内容をより多く吸収できるという面もある。参考文献をダウンロードしたり、なじみのない概念についてその場で調べたり、正確できちんとまとまった講義の記録を残すことができる。そういった点では結構ずくめだ。

だが一方で、コンピュータやタブレットを講義中に使うと学習効率が落ちるとの研究結果が次々と出てきている。電子機器を使う学生は成績も悪い傾向にあるという。

また、使っている本人だけでなく周りの人間もノートパソコンのせいで気が散ってしまうということも研究から明らかになっている。だから高校の授業で使われる電子機器が学習の妨げになる可能性があるとか、職場におけるミーティングの生産性を下げる可能性があると考えても飛躍のしすぎとは言えないだろう。

ノートパソコンが学習に与える影響を測るのはなかなか困難だ。理由の1つは、学生によって「使い方」が異なるからだ。講義中にノートパソコンをせっせと使っているのは、えてして勉強熱心で成績優秀な学生たちかもしれない。

一方で、集中力に欠けた学生が退屈を紛らわせようとノートパソコンに手を伸ばしている可能性もある。いかなる場合も、単に成績を比べるだけではノートパソコンの影響と、パソコンを使うことを選んだ学生の性格とを峻別することはできない。研究者はこれを「選択バイアス」と呼ぶ。

だがそうした問題は、無作為に選んだ学生にパソコンを使わせることで解決できる。この手法なら、パソコンを使う学生と使わない学生の違いをさまざまな観点から比べることができる。

プリンストン大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校が行った実験では、学生たちを講義中に「ノートパソコン」を使うグループと「紙とペン」を使うグループに無作為で分けた。講義の理解度をテストで調べたところ、ノートパソコンを使った学生の成績は紙とペンを使った学生よりかなり悪かったという。

ここから研究者たちが立てた仮説はこうだ。キーボードを打つスピードは手書きよりも速い。だからノートパソコンを使う学生の場合、講師の話す言葉は脳内にとどまって処理されることなく、キーボードを打つ指へとそのまま流れていってしまう。

一方、手書きでノートを取る学生は授業に置いていかれないように話の内容を処理して要約する必要がある。ノートパソコンを使った学生のノートは、講義の要約というよりは講義録だった。手書きの学生のノートは簡潔だったが、講義で話された重要な事項はちゃんと含まれていた。

それでも電子機器の使用を禁じるのは厳しすぎると思う人がいるかもしれない。大学生の大半は法的にも成人で、軍にも入れるし選挙権もある。ノートパソコンを使うかどうかをなぜ自分自身で決めてはならないのか?

選択を認めるべきでない最大の理由は、1人が使えば周囲にいるほかの学生の学習にも悪影響を及ぼすというものだ。カナダのヨーク大学とマクマスター大学の研究チームは学生の一部に、授業中にノートパソコンを使って講義とは関係のないちょっとした作業(映画の時間を調べるといったもの)を行うよう指示した。

当然ながら、これらの学生は講義内容を十分に身に付けることができなかった。ところが面白いことに、ノートパソコンを使っていた学生の周囲に座っていた学生の学習にも悪影響が見られたのだ。

経済学用語ではこうした影響を「負の外部性」と呼ぶ。ある人の消費が他者の幸福に悪影響を及ぼす場合に起きる現象だ。古典的な例が公害で、石炭を燃やす工場やガソリンを使う自動車は大気や周辺環境を汚染する可能性がある。

ノートパソコンは時に、視覚的な「公害」になりうる。パソコンの画面は周囲の人からも見える。画面には授業のノートだけでなくフェイスブックやツイッター、電子メールやニュースも出ていることが多く、注意が引き寄せられてしまう。

では実際の教室で学期中ずっと使い続け、復習に活用したりした場合にプラスの効果はないのか。

米陸軍士官学校では授業におけるノートパソコン使用の影響について調べたことがある。科目は経済学入門で、授業は少人数制のクラスで行われた。

教授らは電子機器の使用を許可するクラスと禁止するクラス、教授の目が届くよう机に上向きに置いておくという条件付きでタブレットの使用を認めるクラスを設定。すると学期の終わりの時点で、ノートパソコンやタブレットの使用を認められたクラスの成績は、使用を禁止されたクラスよりずっと悪かった。

果たして経済学を学ぶ士官候補生たちを対象とした実験結果が他の学生――たとえばコミュニティカレッジでシェイクスピアを学ぶ学生にも当てはまるのかと疑問に思う人もいるかもしれない。

だが、少人数制のクラスで授業が行われる陸軍士官学校においては、ノートパソコンのマイナス影響はあったとしても大教室で講義を行う学校より少ないのではというのが大方の予想だろう。そのうえ、学生時代の成績が卒業後の地位に大きく影響するため、士官候補生はいい成績を取ることや集中して授業を受けることに非常に意欲的だ。

この疑問を解く最もいい方法はたぶん、もっと多くの大学でノートパソコンの使用について調べることだろう。だがそれを待つまでもなく、これまでに得られた証拠で電子機器の禁止という私の決断の正しさは十分に裏付けられていると思う。

ただし大きな例外が1つある。学習障害のある学生が授業に参加するために必要なら使用を認めるつもりだ。ただしそうすると、電子機器を使っている学生は学習障害があることがわかってしまう。

試験時間を延長する措置と同様、当該の学生にとってはプライバシーが失われることになる。そうしたマイナス点は、ノートパソコン使用が他の学生の学習に与える悪影響とあわせて検討しなければならない。

ノートパソコンの使用禁止に対しては、コンピュータにノートを保存することができなくなると異議を唱える学生もいるかもしれない。だがスマートフォンを使えば手書きのノートの写真を撮り、電子フォーマットに変換することもできる。授業の後で手書きのノートを見直してパソコンに入力するのもいい勉強になる。

現時点で手に入る最良の証拠は、講義の最中はノートパソコンを使わず、ペンを持つべきだということを示している。同じことは中学や高校の授業、そして職場の会議にも当てはまると考えても飛躍にはならないはずだ。

POJIRAJI BLOG